2014年02月15日

スポーツカーの代表ロードスター

スポーツカーの代表格マツダロードスターひらめき








ロードスターはマツダ・5チャンネルのユーノス店専売モデルの初段としてユーノス・ロードスターのとして1989年9月1日に発売が開始されたのが始まり目
ただ北米では1989年5月発売と日本よりも早かったexclamation

ロードスターの人気は一時的に月産台数が8,000台近くまで記録し、マツダ社内での人気も高く、マツダ本社がある広島では本社敷地内で予約会が開かれた時は徹夜組もいた順番待ちの列の中にはマツダ社員も多くいた程ですむかっ(怒り)

しかし、ユーノスがなくなり1998年1月に初フルモデルチェンジをした時に、国内の販売名称をマツダ・ロードスターと変更して今に繋がりますひらめき

マツダロードスターは日本国外ではマツダ・MX-5(Mazda MX-5 )の名称で販売され、北米では2代目までマツダ・MX-5ミアータ (Mazda MX-5 Miata )と呼ばれて、欧州ではNAをMark1、NBをMark2と訳されて呼ばれていますわーい(嬉しい顔)

2000年には生産累計53万1,890台を達成し、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックに認定される程人気車種となっていますexclamation&question

このロードスターは光岡自動車の大蛇(オロチ)の元の車として採用されていますひらめき
posted by キャラメルマン at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック