2016年12月10日

ホンダの新型CR-Vはどんな車になるのか

ホンダがアメリカで発表された5代目になる新型のCR-Vは190馬力にもなる1.5リッターターボエンジンを搭載するグレードが設定されるそうです。
2.4リッターの直噴エンジンを搭載するタイプが回グレードとなっていて、北米仕様では変速機はすべてCVTと発表されています。

02584E67-8A9C-457E-BA4C-00995BE283BC.jpg03247030-E77C-4B35-879D-479EEA70A4D7.jpg
F8FC5053-2F28-4D70-BE16-D3EF81B41ABB.jpg
日本では現在CR-Vは販売が終了になっていますが、メイン市場のアメリカでは一か月に2万5000台は売り上げている車でもあります。
ヨーロッパ仕様では9速オートマチックとディーゼルエンジンを搭載しているものやマニュアルのガソリン車などがあり、新型CR-Vのヨーロッパ仕様にもディーゼルエンジンが搭載されるのは確実だと思います。
海外サイトなどで次期CR-Vはプラグインハイブリッド車が設定されるという噂がありました
現在北米ではアコードのハイブリッドより小さい車のハイブリッドが廃止が決定しているCR-Zしか無く、日本のホンダのアコードハイブリッドに対するオデッセイハイブリッドの関係が北米オデッセイは日本のものよりかなり大型の車になっていることと、モデルチェンジのタイミングがまだ先になっているようで、アコードのハイブリッドシステムを他の車に活用するとなるとCR-Vが第一候補に挙がるようです。
ただし、アコードハイブリッドには4WDの設定が無いので、CR-Vにハイブリッドを搭載した場合は新しく4WDを作る必要もあり、現在では噂の段階にとどまっています。日本でCR-Vをガソリン仕様で発売した場合、190馬力ターボエンジンの場合、同じホンダのステップワゴンなどのターボ車と比較して燃費を想定するとリッター15〜16kmあたりが限度で、日産のエクストレイルハイブリッドやホンダのヴェゼルのハイブリッドと比べると燃費の面では大きく見劣りしてしまいます。
そこを考えると日本にCR-Vが導入された場合ハイブリッドの導入は目玉となるのではと思います。
国内に新型のCR-Vが入るかも不明ですし、まだだいぶ先のことになるとは思いますが今後のCR-Vの情報が楽しみです。
posted by キャラメルマン at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444771348

この記事へのトラックバック