2015年03月13日

ロールスロイス セレニティ

スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、ロールスロイス『ファントム』の「セレニティ」を初公開した。

20150313060959976.jpg

20150313061012887.jpg

最新作のセレニティでは、究極のラグジュアリーを目指した。そのために、ロールスロイスがかつて国王や王妃、皇帝や皇后のために製作した特別車両のノウハウを生かして、カスタマイズを行った。

着物の「十二単」ごモチーフにてっており、日本の着物に欧州の家具を組み合わせるなどして特別感にあふれる内装たなっている。
さらに室内の天井には桜が描かれていて、セレニティ(うららか)という名前の通りに一目で分かる演出がされている。

20150313062246178.jpg

桜の咲く頃にセレニティに乗りながら、桜並木を通ったら気持ちが穏やかになるに違いない!
posted by キャラメルマン at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ロールスロイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

ロールスロイス 日本限定モデル

ロールス・ロイス・モーター・カーズは7月11日、コーンズ・モータースが1964年にロールス・ロイス車の正規輸入を開始してから今年で50周年となることを記念する日本限定ビスポーク・コレクション「GHOST - Cornes Golden Jubilee Collection」を発表した。



6.6リッター V型12気筒エンジンを搭載する「ゴースト Vスペシフィケーション」をベースとするこのモデルでは、「インフィニティ・ブラック」色のボディーにフロントフェンダーからリアフェンダーまでゴールドのコーチラインを施しており、インテリアではピアノブラックのウッドパネルと漆黒のレザーを使い、ゴールドのシートパイピングをあしらってコントラストを強調している。また、ドア開口部には「50th Anniversary Edition」のトレッドプレートが設置される。
価格は3,840万円

この特別なゴーストは50周年コレクションの第1弾であり、秋には第2弾となる「WRAITH - Cornes Golden Jubilee Collection」の導入も予定されている。
レイスも気になるところ!

posted by キャラメルマン at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ロールスロイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

贅沢なクーペ!レイス

ロールスロイスの新型車2ドアクーペレイスひらめき








このレイスはロールスロイス史上最もパワフルだと言っている耳
レイスはファストバックデザインでダイナミックな新モデルでロールスロイスも期待をしている1台ですわーい(嬉しい顔)
気になる価格は目
日本での販売価格は\31,950,000となっています。

またファントムシリーズにのみ設定されていたビスポークオプションの「スターライト・ヘッドライナー」が装着されてるわーい(嬉しい顔)
数千本の光ファイバーを、グッドウッドの職人がハンドメイドで丹念に編みこんだもので星空の様な天井になっている目

ロールスロイス レイスのスペック
全長:5,269mm
全幅:1,947mm
全高:1,507mm
ホイールベース:3,112mm
ベースとなったロールスロイス ゴーストよりもかなりのスポーティなスタイルとなっていますひらめき
クーペでここまで贅沢なのは他にはないのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)
posted by キャラメルマン at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ロールスロイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

ロールスロイス ファントム

ファントムという名前は知らなくてもロールスロイスは誰もが知っていると思いますexclamation
リムジンで有名なロールスロイスですexclamation








価格はなんと5,000万前後ですねわーい(嬉しい顔)
ここまで手が届かない価格までくると凄さが分からなくなりますねexclamation
たぶんこれを買う人は価格なんか気にしないんでしょうね目

乗り心地は最高ですひらめき
高級なソファーに座っている様な感じでくつろげます手(チョキ)
床もフカフカの絨毯で広々していて長く乗ってたくなるくらい乗り心地は最高ですひらめき
ドアも重厚感が半端ないですexclamation
あんなに分厚いドアは音楽室の扉かと思うほど目
posted by キャラメルマン at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ロールスロイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする